« クラシックコンサートを安全に開催するための、新型コロナウイルス対策について | トップページ | Patients' lives matter. (患者の命を軽く見るな)医療現場の残酷物語。僕がこの4ヶ月間見てきたもの。 »

2020年6月17日 (水)

新型コロナウイルスで緩和ケアは自殺したのではないか? 医療者は、死者の権利を冒涜している (Buzzfeed medicalより)

2020年6月10日、自分の所属する日本緩和医療学会から「新型コロナウイルス感染症が拡大しているこの時期にいのちに関わるような病気で入院中の患者さんのご家族にお伝えしたいこと」というリーフレットが公表されたことを知りました。

その内容は慈愛に満ちた言葉が連なっていましたが、緩和ケアの専門家が今まで大切にしてきたアイデンティティを自らの手で放棄する「緩和ケアの自殺」を思わせるものでした。

この新型コロナウイルス(以下コロナ)に翻弄された3ヶ月を思い出しながら、私の考えを皆様に伝えたいと思います。

(続き)

20200617-203810 

|

« クラシックコンサートを安全に開催するための、新型コロナウイルス対策について | トップページ | Patients' lives matter. (患者の命を軽く見るな)医療現場の残酷物語。僕がこの4ヶ月間見てきたもの。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。