« 安楽死は、苦痛から逃れる最後の手段ではない | トップページ | 飲食を絶ち、自ら死期を早める患者たち »

2018年4月15日 (日)

自宅での看取りを、美談にしてはいけない

「日本では1980年が過ぎた頃から、家で亡くなる人と病院で亡くなる人とが逆転し、今では8割の人が病院で亡くなります。しかし、6割の人達ができるだけ自宅で療養したいと望んでいます。私の経験からも、住み慣れた自宅で最期を迎えることはとても素晴らしいことです。もっと在宅医療を広めなくてはなりません」
壇上では、在宅医療で活躍する医師が、現状を憂う表情と口調で話していました。(またこの話か)と私はうんざりしつつ、何故こうも誰もが繰り返しこの話をするのだろうと思って聞いていました。
私もまた、在宅医療、特に在宅ホスピスという、家で命の最期を迎えたいと願う人たちのために働いています。毎週のように亡くなる人たちを見送りながら、5年が経ちました。
しかし、いくら住み慣れた自宅で最期まで過ごしたいと患者が願っても、然るべき時期が来たら、「病院へ入院した方が良い」と助言した方がよい人たちがいる、と思うに至りました。

|

« 安楽死は、苦痛から逃れる最後の手段ではない | トップページ | 飲食を絶ち、自ら死期を早める患者たち »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314063/73303991

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅での看取りを、美談にしてはいけない:

« 安楽死は、苦痛から逃れる最後の手段ではない | トップページ | 飲食を絶ち、自ら死期を早める患者たち »