« 個人の信念を越えて、 鎮静を巡る議論をするために | トップページ

2017年6月27日 (火)

病室の問題集。勉強するのは何のため?

僕には、今でもずっと忘れられないエピソードがあります。
医者になってからも、何かの機会にふと思い出しては、「彼」の行動とその意味を考えてきました。まだ自分の心の中で、どこに整理ししまっておいたら良いのか分からないエピソードなのです。心のフックに、未整理のまま取り残され続けているのです。そろそろ、自分の中でどこかに整理したい、整理できるのではないかと思い、そのエピソードを書いてみようと思いました。
Img_3025
彼は、僕の数少ない幼馴染みです。幼稚園のクラスが一緒で、活発な子でした。よくお互いの家を行き来して、遊びました。幼稚園を卒園し小学生になった僕らは、成長するにつれ、学校や環境の変化もあり、疎遠になりました。しかし、親同士は仲良くその後も親交があったのです。時々顔を合わせることもありましたが、年々あまり話すこともなくなり、やがては僕の記憶の中で「かつての幼馴染み」になっていきました。
高校の頃に再会したきっかけも、親同士の行き来があったため相手の家を訪れたからでした。以前から10代で癌になったことは聞かされていましたが、高校生の僕は、病人と向き合うことが初めてでした。片足を手術で失い、それでも以前の明るさと変わらない口調で僕に話しかける彼に、どう接したら良いのか、全く分からず、会話は続きませんでした。
僕が大学に向けての受験勉強をそろそろ始めようかという頃、彼が入院していることを親から知らされました。しかし、どうしても病室に見舞う気持ちになれませんでした。
そのまま彼と会うことなく、彼が癌のためこの世を去ったことを知らされました。 そして、最期の日々は、病室で数学の問題集を猛烈な勢いで勉強していたことを親を通じて知りました。
111
僕は相当戸惑いました。本来勉強というのは、人間としての教養を身につけ、それまでに先人が考えてきたことを引き継ぎ、次世代に伝えるためにするものです。しかし、受験になれた僕にとって、勉強とは、何らかの自分の人生の目的を達成するためにすることだったのです。 勉強の結果得た自らの成績は、次のステージへのチケットを手に入れる通貨のようなものでした。
高校へ入るため、大学へ入るため、資格を取るため。ここはテストに出ない、この問題はこう解く、この話はテスト範囲ではない。最も少ない時間で効率よく勉強し、結果を得るために、ただひたすらゲームのルールを覚えるように勉強しそして夢中になりました。動機は、自分だけのためで閉じられたものでした。
つまり、勉強は自分だけの未来と将来のために為すことだと思っていたのです。
彼は、癌で間もなく自分が死ぬであろう事は予感していたはずと思います。その状況でなお、なぜ数学の問題集を開き勉強を始めたのだろうか。ずっとそのことを考え続けています。彼の行動、その時の彼の思い、そして彼の感じていた未来は何だったんだろうと思うと、ずっと自分の中で整理がつかずに今に至ります。
先日の緩和医療学会で、病児教育に関する話を聞きました。その時にまた彼のことを思い出しました。
「短い時間でこの世を去るのに、なぜ勉強をするのか」、「何の役に立たないかもしれないのに、なぜ勉強をするのか」などと、本当につまらないことを考えてしまうのです。 勉強を自分の将来の対価としか考えない自分が、本当に嫌になります。
僕は、健康で未来がずっと続いていると思っていましたし、それは今でも当たり前の事のように思います。自分の時間の有限性を自覚していない僕には、どこかに傲慢なところがあるのです。もしかしたら、彼は病床で無限の未来を感じていたのでしょうか。
僕が彼の最期の病室に行けなかったのは、彼と向き合うことが怖かったからです。変わり果てた彼にどんな言葉をかけたら良いのか、おおよそ見当もつかなかったからです。そして、やはり自分自身の生活に精一杯で、彼のことを自分とは関係ない遠い存在に感じようとしていたからかもしれません。取り返しのつかない時間であり、後悔が残っています。
あれから、かなりの時間が経った今も、こうしてずっと彼のこと、彼のしていた勉強について考え続けています。 彼の生きられなかった、46歳を僕は生きています。いつのまにか、自分の子供もその頃の彼と同じ年齢になりました。僕も高校生のときよりも少しは分別がつき、自分の技能を高めるため、自分の見聞を広めるため、そして物事の見方(perspective)を学ぶために勉強をするようになりました。自分の活動を通じて、誰かの役に立つように、そして自分の勉強が誰かの勉強につながる事をやっと知りました。
高校生だった僕と彼のあの時から止まった時間を、「勉強することの意味」をもう一度考える事で、わずかでももう一度動かせないかと、自分の中で問いかけ続けているのです。その時の彼の勉強する姿を想像するだけで、今の自分が知らなくてはならない、何か大切なことが分かりそうな確信があるのです。それでも、残念ながら、まだ彼を思い出し、最後の姿を想像することしか出来ません。そして既に逝った彼の存在は、あの時よりも大きくなっています。
彼は、何を思い、何を成そうとしていたのでしょうか。
彼の勉強もまた、誰かの勉強につながっているのでしょうか。

|

« 個人の信念を越えて、 鎮静を巡る議論をするために | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314063/70981028

この記事へのトラックバック一覧です: 病室の問題集。勉強するのは何のため?:

« 個人の信念を越えて、 鎮静を巡る議論をするために | トップページ