« 患者は、以前の医師を覚えているのか? 医者離れ患者離れ 前編 | トップページ | 癌による黄疸の治療とエビデンス。医師に影響するバイアス。 »

2017年4月14日 (金)

患者は、以前の医師を覚えているのか? 医師の言葉に傷つく患者、家族たち。 後編

(ここに書かれた内容は、私の心の中では真実ですが、実在しない患者の物語です。しかし、後編の一部には、患者、家族たっての希望で、医師の語られた言葉そのままに書いています)

医師・患者関係は例え良好であっても、一時的なものです。それは学校の教師と生徒(自分自身)との関係のようなものです。小学校の時の教師を、中学校に進学すれば覚えていますが、その存在を求めることはありません。高校生の時の教師に、自分の将来に大きく影響するような、大切な助言を受けていたとしても、成人し社会人となった自分にとっては、懐かしく、恩義には感じていても、その教師に恋い焦がれることもなければ、求めることもありません。恐らく、これからも会いに行くこともないでしょう。
もしも患者が以前の医師を覚えているとしたら、もしも人が以前の教師を覚えているとしたら、その理由は酷い体験をしたからです。心ない医師の言葉、教師の言葉で傷つけられた人は、いつまでもその相手のことを覚えています。
「診察室に入っても身体の診察をすることなく、コンピューターの画面をずっと見たまま、自分の話を聞こうともしませんでした(この患者は聴診すればすぐ分かる程、胸水がたまっていました。その医師は見落としていました)」
「咳が酷いことを医師に訴えたら、あなたの病気なら仕方の無いことですね。ほら、教科書にもそう書いてありますよ(適切な緩和ケアを受ける機会をその医師は奪いました。その病院に緩和ケアの専門医はいるにも関わらず)」
「病気について大切な説明があると、自分と家族が部屋に呼ばれました。医師は、一言目に『あなたの余命はもう半年ありませんね』と言いました。とても急でビックリしました。何でこんな話し方をするのでしょうか。(その患者はその説明からすでに1年以上生きています)」
「セカンドオピニオンを受けたいと話したら、急に不機嫌になり、『どうせ他に行っても同じように治療はないと言われるだけですよ。どうせこの病院に戻ってくるのだから』と言われました(患者は診療情報提供書(紹介状)を書いてもらえなかったため、その病院で治療を続けるしかありませんでした)」
「(自費の)免疫療法についてどう思うか医師に相談したら、『そういう治療は高額らしいですね、そうそう、プリウスが全破損で事故したくらいかかるんですってねえ』(その医師は何を例えたかったのは分からないが、治療の意味が無いというのが伝えたいのだろうか)」
そして、一番私の心を傷つけたのは、こんな言葉です。
「あなたは実は○○癌なんです。今こうして私が癌告知しましたので、ホスピス病棟に移って頂けます。」高齢で、本人も病気の告知を望まなかったので、未告知のまま、私が長く診察していた方が、ある時とある病院の一般病棟に入院しました。退院する事が出来なくなり、病院からホスピス病棟に移るように言われ、家族とホスピスの医師が面接しました。未告知ではホスピス病棟に移れないと家族に説明した上で、既に病状が悪化し朦朧とした意識の患者の耳元で、ホスピス医がささやきました。その言葉が患者に聞こえたのか聞こえなかったのかは分かりませんが、傍にいた家族の心は深く傷つき、患者が亡くなったあと、私の診察室に来てこの話をされました。亡くなったあとも、ずっと家族はホスピスの医師を恨み続けています。そして、ホスピスに移ろうとしたことを後悔し自分を責めています。
ホスピスでは、本人が病気の真実を知っていることを大切にすることはわかりますが、このホスピスの医師は何を大切にしているのでしょうか。
このような言葉で、患者と家族の心が傷つけられたとき、患者は以前の医師の事をずっと話し続けます。そして、診療を引き継いだ私は丁寧に診察し、そのような話を全て引き受けます。自分ではない医師の心ない発言ですが、同業者として私は心から詫びるほかありません。そして、私はホスピスで働いた10年と、開業してから5年間詫び続けてきました。
人は過去を変えることは出来ません。無かったことにも出来ません。そして、いつか私の前からも通り過ぎて、別れの時が来ます。私に出来ることは、過去の遺恨を聞き届け、詫び、そして「あの世」で私のことをすっかり忘れてもらう位、患者、家族を傷つけず、支配せず、その時だけ期間限定で、手を抜かずベストを尽くす事だけです。人は誰かの言葉で傷つけられたとき、過去の時間に閉じ込められ、そして心が動けなくなります。そんな患者、家族が現れないように、そんな人が現れないように医師、教師には、自分の使う言葉に注意して欲しい、心からそう願っています。
そして、この私自身も高校時代の教師が、高校を卒業してしばらくしてから、「お前は何を考えているか分からない奴だった。いつも『そんなやり方で良いのか』と俺を(教師を)見ている気がして嫌な奴だった」と言われました。この言葉に傷つき、今も高校生の時が止まったままです。この時は再び動き出す事はないでしょう。ただ、私に出来るのは、私以外の誰かが、医師に時を止められたとき、その時を再び動かす努力をすることだと考えています。
* アカデミー賞を受賞した、映画「MOONLIGHT」も、同じテーマでした。止まってしまった時間を再び動かすこと、当事者でなくてもできたらと思います。

|

« 患者は、以前の医師を覚えているのか? 医者離れ患者離れ 前編 | トップページ | 癌による黄疸の治療とエビデンス。医師に影響するバイアス。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314063/70261050

この記事へのトラックバック一覧です: 患者は、以前の医師を覚えているのか? 医師の言葉に傷つく患者、家族たち。 後編:

« 患者は、以前の医師を覚えているのか? 医者離れ患者離れ 前編 | トップページ | 癌による黄疸の治療とエビデンス。医師に影響するバイアス。 »