« 在宅医療に関する研究の進め方・実践例 | トップページ | 嫉妬増幅器 »

2016年8月 3日 (水)

悪い「癖」

人間誰しも自分の悪い「癖」というものがある。ほとんどの人は自分で気が付いている。悪い「癖」だと分かっていてもなかなか手放せないものなのだ。
酒も然り、煙草も然り。他人に期待できないと苛立つのも然り。少し何かができるようになると世界を支配したような気分になるのも然り。できないことに少しも挑戦しない臆病さも然り。

あらゆる習慣の中に悪い「癖」が入り込んでくる。この悪い「癖」は定期的に自分を脅かし、そして周囲を落胆させる。
人生に何度かこの「癖」を手放す気持ちになれる時が来る。その時に手放せると次に行けるようになる。心の隙ともいえる、このチャンスは滅多にやってこない。今の障害の一部は意外にも悪い「癖」を手放した瞬間に消えてしまうのだ。そして自分の周囲の評価も変わっていく。

あなたも自分の悪い「癖」と、そして手放すべき時期が来ていること何度も気が付いてきたのではないだろうか。今手放すのだ。勇気を持って。手放さない理由を散々並び立て、自分を正当化するのは、悪い「癖」の証拠だ。

僕にとってこの夏手放そうと努力しているのは、トイレを借りるためにコンビニに寄ったときついつい買ってしまう駄菓子とスイーツをやめることだ。駄菓子は何と言ってもぼんち揚げがうまい。スイーツは黒豆大福だ。この癖をやめて再度身体を絞りこむことに取り組んでいる。
そんな45歳の夏だ。コンビニ断ちするぞ。

|

« 在宅医療に関する研究の進め方・実践例 | トップページ | 嫉妬増幅器 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314063/66829297

この記事へのトラックバック一覧です: 悪い「癖」:

« 在宅医療に関する研究の進め方・実践例 | トップページ | 嫉妬増幅器 »