« 悪い「癖」 | トップページ | 「普通の亡くなり方に近づけるためです」鎮静の説明について。 »

2016年8月 9日 (火)

嫉妬増幅器

人は他人を妬む「嫉妬」から自由になれるのだろうか。幼少期から、誰々ちゃんはいいなあと嫉妬を続けながら成長していくのだ。この年になっても嫉妬から自由になれずに、自分に呆れながらも嫉妬を消滅させるべく日々の鍛錬を続けているのだ。

嫉妬というのは、「今私はこういう境遇にあるが、誰々ちゃんとして生きていくこともできたはず」と言うのが根源で、生きていく上での可能性が嫉妬の根源とも言えるのだ。未来は変えられる、今の自分は自分が選択した(=自分として生まれ、生きることを自分は選択した)という、自分の心の嫉妬を飼い慣らすためのあらゆる言葉は、かえって嫉妬を強化していく事になるのだ。
「自分にだって、あいつのポジションで生きる可能性があったのだ」、「自分も努力をすれば、あいつよりもよいポジションにいられるはずだ」、「自分も生まれ変われば、・・・」と未来に限らず過去の可能性の追求は自分を追い詰めていく。

今の自分を肯定する事ができなくなる「嫉妬」は自分の心を蝕み、そして、あらゆる他人の可能性にアクセスしてしまうSNSやFacebookは、自分の「嫉妬」を強化する、依存度の高いツールとも言えるのだ。そして、わざわざ他人の幸せそうな時間の過ごし方、美味そうな食べ物、最高の笑顔と団らんに暴露される、このFacebookの閲覧は、自分の「嫉妬」を乗り越えるための修行とも言えるのだ。どのようなハッピーな風景であっても、それを一笑に吹き飛ばす余裕こそが、嫉妬を乗り越える、消滅させる鍛錬の境地なのだ。

さて、自分にとっての今一番の「嫉妬」は、この非常に暑い毎日を、サウナのような車で移動しながら、汗だく、どろどろになりながらかけずり回る中、涼しげな空間で、冷え冷えとした投稿を見ることだ。そして、今日そんな投稿についに遭遇した。しかし全く嫉妬はわかなかった。ついに自分に勝ったと思った。

なぜならその投稿とは「4年前の今日は」というお節介なFacebookの機能だったから。過去の自分に向き合うと不思議と「嫉妬」は湧かないものなのだ。過去の自分は恥ずかしい。例えそれが5分前であっても。当然この投稿も5分後には冷え冷えとして恥ずかしい。これで今夜はクーラー無しで眠れるであろう。

|

« 悪い「癖」 | トップページ | 「普通の亡くなり方に近づけるためです」鎮静の説明について。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314063/66921703

この記事へのトラックバック一覧です: 嫉妬増幅器:

« 悪い「癖」 | トップページ | 「普通の亡くなり方に近づけるためです」鎮静の説明について。 »