« 人間関係を維持するような 医療者の教育の可能性について | トップページ | 抗癌剤をやめれば、QOL(生活の質)は上がるのか?これからのホスピスの役割とは。 »

2016年3月26日 (土)

医療者が見限られるとき (映画 CHRONIC (邦題 「或る終焉」)より)

最近、映画のパンフレットの寄稿文を頼まれました。その寄稿文をブログにアップしてはならぬと言われてしまったので、ここに別の話をまとめておきました。公開前の映画ですが、寄稿文を書くために配給会社よりDVDを借り受け、2回観てから文を書きました。

オリジナルの寄稿文は、パンフレットで読むことが出来ます。
Photo
©Lucía Films–Videocine–Stromboli Films–Vamonos Films–2015 ©Crédit photo ©Gregory Smit
病院で勤務医をしているときは気が付かなかったことですが、主に在宅で診療するようになって、数々の初めての経験をしてきました。その中の1つが、患者から見限られる経験です。例えばこんな経験でした。(非常勤勤務先での出来事でした。患者、家族の情報は分からないように僕が変えています。実際の人達の情報とは全く異なります)
もう1年以上も月2回の往診を続けてきた方でした。認知症のため怒りっぽく、やや歩行が不安定な奥様を、同居しているご主人が愚痴を言いながらもどうにか介護を続けていました。毎回の往診では、本人の様子を診察し、認知症による症状、特に怒りっぽい性格変化と、日中の落ち着きのなさを薬でコントロールするように処方をしていました。薬の治療で落ちつく時もあるのですが、長続きせず、季節が変わる頃にはまた様子が変わっていきました。
本人の診察が終わると、いつもご主人の話を聞きます。いかに介護に苦労しているのか、どんな風に工夫しているのかをよくよく聞くのです。本人の診察が10分なら、ご主人との話し合いは20分くらい、一度の往診で合計30分程度の時間をかけていました。
奥様も、時を重ねるにつれて往診にも慣れ、僕や同行の看護師のことも、名前は覚えられないようでしたが、顔はきちんと覚えている様子でした。ご主人とも、変わる季節とともに打ち解け、信頼関係が豊かになっていくことを実感していました。会話の中でも、お子さんの話、昔の話、以前の仕事の話も出てくるようになり、僕も自分の家族や個人的な話を雑談し、すっかり心を許していました。
奥様の様子は一進一退で、衝動的な行動や怒りっぽさをどうにか抑えるように工夫はするのですが、なかなかうまく行かないのが現実でした。ご主人は、毎日の生活リズムを工夫し、接し方を変え、デイサービスを活用しながら、なんとかうまく過ごしていました。
診察を始めて3年近く経ったある日のことです。クリニックにご主人から電話があり、もう明日の診察から来なくてよいと。なぜ診察を打ち切るのか理由を聞いても、もうとにかく来なくてよいとそれだけで、取り付く島もありません。それなら今後どうするのか尋ねても、答えてはくれません。そして一方的に診察は終わってしまいました。
確かに治療は100点とはいかないまでも、できる限りの治療をし、薬の調節をご主人と考え、うまくやっていると思っていました。決して何か行き違いがあったわけでも、トラブルがあったわけでもありません。最初の数回の診察で「やはり在宅療養は止めておきます」と、信頼関係ができる前に断られたわけではないのです。長い期間診察を続けてきたのに、予告なく治療関係が終わってしまったことに、僕は相当なショックを受けました。でも、理由を詮索することはしませんでした。
3
実は今までも同じような経験をしたことがあるので、患者には誠実に向き合い自分のできるすべての医療技術を提供する事は大切ですが、自分の心のすべてを許し、オープンにしてしまわないようになってきてはいたのです。自分が医師として、患者を見捨てることなく誠実に向き合っていても、患者や家族はそれほど自分の気持ちを受け取っていないことも度々です。冷静に考えれば当たり前で、いくら相手の家庭に入り、心の内面を聞いていたとしても、それは仕事上の付き合いでしかないのです。
僕は、緩和ケアの素養を身につけ、患者の治療だけではなく、家族のケアも意識して実践してきました。医師・患者関係も、仕事上の関係だけではなく、人と人との、心を開いた付き合いをしようと心掛けてきました。しかし、そういうやり方をしていては、例えばこのご夫婦のように、ある日急に拒絶されたときに相当心が乱れてしまいます。
丁度手に取った本に「そもそも人間は、恩知らずで、むら気で、猫かぶりの偽善者で、身の危険をふりはらおうとし、欲得には目がないものだ」(君主論 中公文庫 マキアヴェリ池田 廉 訳)という一節を引用し、「患者と、その家族は、恩知らずで、気紛れで、偽善者で、尊大で、臆病で、自分勝手で、欲張りで、厚かましくて、けちで助平で馬鹿である」 (医師と患者のコミュニケーション論 里見清一)と読みかえた医師の話がありました。確かに人間の本質とはそういうものなのだろうと思うようになりました。病院という、清潔で人工的で無機質な場所では、こういう人間の本質もある程度マスクされている気がします。在宅医療という場面では、相手の家庭に入り込み、日常生活の中に侵入し、その場所で向き合うことになるので、自ずと、気紛れで自分勝手な患者、家族の感情に巻き込まれることもよくあることなのです。
2
今まで、医師、患者関係といえば、「気紛れで、偽善者で、尊大で、臆病で、自分勝手で、欲張りで、厚かましくて、けちで助平で馬鹿」な医師を患者、家族が嘆くという図式が繰り返し描写されてきたのですが、このCHRONIC (邦題 「或る終焉」)では、男性の訪問看護師が、ある患者というより、僕の経験と同じく、家族から急に拒絶される描写がありました。映画の主人公は、ケアと身体接触を通じて患者との信頼関係を構築しつつも、家族以上に信頼を得てしまった結果、ある日家族から拒絶されます。そして、患者と二度と会うことはできませんでした。
僕は唸ってしまいました。僕は、これが医師の目指す道と信じていたホスピスで、患者、家族との向き合い方を学んできました。在宅医療に身を投じ、ホスピスと同じやり方では失敗し、心を痛めながらも、また再構築し新たに身につけてきた、患者、家族との向き合い方の示唆が、この映画ではまさに描写されていたのです。この描写の意味をどの位の人達が僕と同じように実感できるか分かりません。僕はこの映画から、医師、患者は積み重ねる時間、そしてそこから生まれ育つ信頼関係があっても、ある一定の心の距離は常に保たなくてはならないという戒めを受け取りました。
機会があれば皆さんもご覧になって下さい。
(実際のパンフレットには別の文章を寄稿しました。そちらもご一読頂ければ幸いです。実はそちらの文章の方が気に入っているのですが、ブログに転載するなとのこと残念です)

|

« 人間関係を維持するような 医療者の教育の可能性について | トップページ | 抗癌剤をやめれば、QOL(生活の質)は上がるのか?これからのホスピスの役割とは。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314063/64661581

この記事へのトラックバック一覧です: 医療者が見限られるとき (映画 CHRONIC (邦題 「或る終焉」)より):

« 人間関係を維持するような 医療者の教育の可能性について | トップページ | 抗癌剤をやめれば、QOL(生活の質)は上がるのか?これからのホスピスの役割とは。 »