« 亡くなった後のケアはどうすればよいのか? (いわゆるエンゼルケア) | トップページ | 今どきの在宅医療 痰と吸引の問題 »

2013年9月16日 (月)

看取りのケアをさらに洗練するにはどうすればよいのか?

看取りのケアをさらに洗練するにはどうすればよいのか?

看護師C 「私たちの病棟では、いつも看取りがあるわけではない。ホスピスとはちがうこの一般病棟でどうしたら看取りのケアをよいものにできるのか。」

看護師D 「普段やっている看取りのケアに、見落としがあるんじゃないかと自信が持てないんです。」

 

看取りのケアをより洗練する目的に、統合されたケアを多職種で行うための、看取りのパスが開発され、改良されている。[26]このような試みとして、the National End of Life Care Programme[27], Gold Standards Framework in Care Homes[28]、 the Liverpool CarePathway (LCP)[8]がある。このような、看取りのパスを使用することで、実際に患者の苦痛が緩和され、QOLが高まるかが実証された質の高い研究はまだない。[26]しかし看取りのパスが患者のケアにとって有害であるという報告もなく、引き続き看取りのパスを開発、改良し、臨床現場で使用し、厳密な方法で今後比較試験を行うことが望ましい。また看取りを日常的に行っている、ホスピス・緩和ケア病棟でのケアが、一般病棟でももれなく実践できるようにという観点からも、看取りのパスは有用である。

 

さいごに

看取りのケアを実践するにあたっては、まず全ての患者に対して行うべき標準的な対応がある。この標準的な対応は、アドバンスドケアプランニング、予後予測、症状緩和、家族へのコーチング、死亡確認、死後のケアである。標準的な対応をまず医療者は習熟すべきである。

 

ところが、人を看取ることは、本来個別性の高いケアであるということも医療者は気がついている。またこの個別性の高いケアを提供したいと、本質的に献身的な心を持つ医療者は考えている。そして、個別性の高い「あなたのためだけの」ケアを通じて、 医療者とそれぞれの患者、家族との心の交流が始まる。 そしてケアと治療を通じて医療者は気がつく。悲嘆の色濃い患者の看取りと死別が喪失だけではなく、患者、家族と医療者の間に、新しい人間関係、信頼、感動を創造する体験があることを。この創造こそが、医療者が看取りのケアをさらに発展させる原動力となる。

 

患者、家族、医療者役割は違っても、いずれ等しく看取りは訪れる。医療者の役割を果たした医師や看護師も、いずれは家族の役割を体験し愛する家族を看取り、そして、自分自身がいずれかの生命を脅かす疾患に罹患し患者となる。そして、次の世代の、志のある医療者からケアを受け、自分自身の死に向かう。その時のために、今後も看取りのケアが進歩し発展することは、役割の連鎖の中で、医療を超えた死を扱う重要な課題なのである。

引用文献

1. 厚生労働省 : 平成21年 人口動態統計の年間推計 [http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei09/index.html]

2. Yamagishi A, Morita T, Miyashita M, et al. Palliative care inJapan: current status and a nationwide challenge to improve palliative care bythe Cancer Control Act and the Outreach Palliative Care Trial of IntegratedRegional Model (OPTIM) study. Am J Hosp Palliat Care. 2008 25(5):412-418.

3. Maltoni M, Opioids, pain, and fear. Ann Oncol, 19(1), 5-7, 2008

4. Volandes AE, Paasche-Orlow MK, Barry MJ, et al. Video decision support tool for advance care planning in dementia: randomised controlled trial. BMJ. 2009 338:b2159.

5. El-Jawahri A, Podgurski LM, Eichler AF, et al. Use of video to facilitate end-of-life

discussions with patients with cancer: a randomized controlled trial. J Clin

Oncol. 2010 28(2):305-10.

6. Stone PC, Lund S, Predicting prognosis in patients with advanced cancer. Ann Oncol 2007,18(6):971-976.

7. Hagerty RG, Butow PN, Ellis PM, et al. Communicating prognosis in cancer care: a systematic review of the literature. Ann Oncol 2005 16(7):1005-1053.

8. Ellershaw J, Ward C, Care of the dying patient: the last hours or days of life., BMJ 2003 326(7379):30-34

9. Morita T, Ichiki T, Tsunoda J, et al. A prospective study on the dying process in terminally ill cancer patients., Am J Hosp Palliat Care 1998 15(4):217-222.

10. Shinjo T, Okada M. Palmar petechiae (black spots on palms) in terminally ill patients with cancer: a sign of impending death. J Palliat Med. 2010;13(5):615-618.

11. Shinjo T, Morita T, Hirai K, et al. Care for imminently dying cancer patients: family members' experiences and recommendations. J Clin Oncol. 2010 Jan 1;28(1):142-148.

12. Hallenbeck J. Palliative care in the final days of life: "they were expecting it at any time". JAMA. 2005 May 11;293(18):2265-2271.

13.The Study to Understand Prognoses and Preferences for Outcomes and Risks of Treatments (SUPPORT). A controlled trial to improve care for seriously ill hospitalized patients. JAMA. 1995;274:1591-1598.

14. Lichter I, Hunt E. The last 48 hours of life. J Palliat Care. 1990;6:7-15.

15. Ellershaw J, Smith C, Overill S, et al. Care of the dying: setting standards for symptom control in the last 48 hours of life. J Pain SymptomManage. 2001;21:12-17.

16. 新城 拓也,岡田 雅邦. がん患者における終末期までの,フェンタニル貼付剤の効果と有効性の検討. ペインクリニック 2007, 28 号:3 頁:385-390

17. Herr K, Bjoro K, Decker S. Tools for assessment of pain in nonverbal olderadults with dementia: a state-of-the-science review. J Pain Symptom Manage. 2006 Feb;31(2):170-192.

18. Breitbart W, Strout D. Delirium in the terminally ill. Clin Geriatr Med. 2000;16:357-372.

19.  Morita T, Akechi T, Ikenaga M, et al. Terminal delirium: recommendations from bereaved families' experiences. J Pain Symptom Manage. 2007 ;34(6):579-589.

20. Bruera E, Bush SH, Willey J, et al. Impact of delirium and recall on the level of distress in patients with advanced cancer and their family caregivers. Cancer. 2009 1;115(9):2004-2012.

21. Wee B, Hillier R. Interventions for noisy breathing in patients near to death. Cochrane Database Syst Rev 1, CD005177, 2008.

22. Wee B, Coleman P, Hillier R, et al. The sound of death rattle II: how do relatives interpret the sound?. Palliative Medicine 2006,20:177–81.

23.Marchand L, Kushner K. Death pronouncements: using the teachable momentin end-of-life care residency training. J Palliat Med. 2004;7:80-84.

24. 吉利 和. 診断学総論. 内科診断学 改訂7版. 吉利 和編. 金芳堂,京都,1993; 14-16.

25.Shinjo T, Morita T, Miyashita M, et al. Care for the bodies of deceased cancer inpatients in Japanese palliative care units. J Palliat Med. 2010 Jan;13(1):27-31.

26. Chan R,Webster J. End-of-life care pathways for improving outcomes in caring for the dying. Cochrane Database of SystematicReviews 2010, Issue 1. Art. No.: CD008006.

27. Department of Health. End of life care strategy: promoting high quality care for all adults at the end of life. London: Department ofHealth, 2008.

28. Badger F, Thomas K, Clifford C. Raising standards for elderly people dying in care homes. European Journal of Palliative Care 2007;14(6):238–41.

29. Furst CJ, Doyle D: The terminal phase. in Doyle D, Hanks G, Cherny N, Calman K, (ed): Oxford textbook of palliative medicine. 3rd ed. New York, Oxford University Press, 2004, pp 1119-1133.

|

« 亡くなった後のケアはどうすればよいのか? (いわゆるエンゼルケア) | トップページ | 今どきの在宅医療 痰と吸引の問題 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 看取りのケアをさらに洗練するにはどうすればよいのか?:

« 亡くなった後のケアはどうすればよいのか? (いわゆるエンゼルケア) | トップページ | 今どきの在宅医療 痰と吸引の問題 »