« 僕が医師として考えてきたこと 5. 「過去の概念を超えろ」 | トップページ | 僕が医師として考えてきたこと 7.「社会的な役割を演じきる」 »

2013年7月28日 (日)

僕が医師として考えてきたこと 6. 「安心と希望を処方せよ」

Medium_1600505101 緩和ケアに限らず、治療の結果はいつも事前には分かっていない。痛みに対して処方したその患者にとって初めての鎮痛薬が、きちんと痛みを緩和するのか、反対に副作用のために使用できない状態になるのかは全く事前には分からない。それでも、医師は必要があれば何かしら治療を行わなくてはならない。

益と害を全ての患者に時間をかけて説明しても、目の前の患者が次回の診察で得られるであろう治療の効果は、見通せないままである。こういった治療行為に対する免責を目的に説明する内容は、患者の心には届かない。 未来のことは今の状態をどれだけ正確に評価、分析してもなかなか分からない。 結局治療の決断はいつも自分の経験を礎とする直感に頼らざるを得ないのである。

見通せない未来であっても、未来の保証は患者に安心を与える。医師は、「自分の判断では、これが最良の治療だと考えている」こと、そして「もしもうまくいかなかったら、次にどうするのかを予め考えている」と患者に伝え、将来の対応を患者と約束することが大切である。「何かあれば必ずすぐに対応するよ」、「電話を掛けてくれれば、何時でも家(病院)まで行くよ」と患者と約束することが、患者の安心につながる。
実際に時間構わず、自分がオフの時にも職場に呼び出されたら、やっていけるだろうかと考えると、患者を安心させる一言を飲み込んでしまうこともあると思う。しかし、患者との約束は、今と将来の安心感を得る魔法の一言となる。そして、実際に気楽に電話出呼び出されて実働することは、今までにそれほど多くはなかった。もちろん、患者自身にもこんなことで電話していいんだろうかと、電話を手に取り迷うこともあると思う。それでも、その手にしている電話が確かに医師と繋がるということで、患者自身は自分の不安を鎮めていくことが出来る。こうして、患者は医師に依存していくのではなく、自分自身をケアする力を高めていくこともある。

患者に安心を処方することは、医師の大事な役割である。ただ単に、「大丈夫」「私が保証する」「必ず治ります」というのは、安心の処方ではない。その場の患者、家族との会話を早く切り上げるための終止符みたいなものである。

未来の混沌とした不確かさ、つまり、不可予言性にたいする救済策は、約束をし、約束を守る能力に含まれている。」(アーレント、人間の条件)患者、家族を安心させるのは、ずっと関わり続ける保証を、はっきりと示すことである。「もしも何かあったらどうしよう」「もしも将来苦しんだらどうしよう」と話す患者、家族に対して医学的な説明は必要ない。リスクの可能性を○○%と述べる必要もない。不確かな将来にきちんと自分が対応する約束以外に安心を処方する方法はない。「何かあったらその時一緒に考えましょう」「将来苦しんだら、その時から一番よい方法を考えましょう」そう答えることだ。


そして、安心と希望を処方するのは、患者に対する憐憫でも惻隠でもない。ましてや、自分自身に求められる社会的な正義感でもない。自分が医師として相手と向き合い続ける、覚悟のようなものだと自分には思う。

|

« 僕が医師として考えてきたこと 5. 「過去の概念を超えろ」 | トップページ | 僕が医師として考えてきたこと 7.「社会的な役割を演じきる」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕が医師として考えてきたこと 6. 「安心と希望を処方せよ」:

« 僕が医師として考えてきたこと 5. 「過去の概念を超えろ」 | トップページ | 僕が医師として考えてきたこと 7.「社会的な役割を演じきる」 »