« ガイドラインに書けなかったこと その3 消化管閉塞 そして 食事 | トップページ | あなたの緩和ケアはどうしてうまくいかないのか 前編 »

2013年6月27日 (木)

あなたの疑問をお寄せください

いつもお世話になっております。新城拓也です。

この度、とある出版社から本を作ろうと企画しております。
読者対象は若手の医師、看護師で、がん診療一般に関する疑問にQ and Aで答えていくという内容です。実際に臨床に取り組んでいらっしゃる方々の声を集めさせて頂きたいと思っております。

1. 「がんの患者さんに、『毎日どんなものを食べたらよいのでしょうか』と聞かれたとき、どんな風に答えたらよいでしょうか」
2. 痛みがあるのに、麻薬を使ってくれない患者にどう話しかけたらよいでしょうか。
3. 何度も息苦しくなり、どう対応してもおさまらない患者にどう対応したらよいでしょうか。
このようなイメージで、普段の疑問を教えて頂けると幸いです。「先輩医師に聞きたいこと」「医局とかでざっくばらんに相談するようなこと」という質問を是非ともお寄せ頂けると、大変ありがたいです。
それでは、何卒よろしくお願いいたします。コメント欄に匿名で書いて頂くか、実名をご希望なら是非私宛にメールをお寄せくださいませ。

|

« ガイドラインに書けなかったこと その3 消化管閉塞 そして 食事 | トップページ | あなたの緩和ケアはどうしてうまくいかないのか 前編 »

コメント

主治医に本当のことを言えない、このまま抗がん剤治療を続けて、本当に良いのか?病院で抗がん剤治療をして自宅に戻ると、次の抗がん剤治療まで、ほとんど臥せている。本当にこれが自分の人生で、必要な治療なのかと自問自答している。しかし、本当のことを主治医に言えない。それは、主治医にこんなことを言えば、「では、抗がん剤治療をやめましょう」と言われるから。生きたい・・・

投稿: | 2013年6月29日 (土) 06時19分

初めまして。
こういうのは如何でしょうか。
・多くの抗がん剤の投与量は体表面積で決めるのはなぜでしょうか。一方で体重で投与量を決めある抗がん剤もあるのはなぜでしょうか。
・術後補助化学療法とはどんな化学療法のことをさすのでしょうか。
・がんは再発したら治らないのでしょうか
・「がん」と「癌」はどういう使い分けをしているのでしょうか。
・抗がん剤の治療を行えないのはどういう時でしょうか。
・抗がん剤をやめたら、これからの治療はどうなるのでしょうか(BSCについて)
・手術や放射線治療の適応はないがんの状態とはどういう状態でしょうか。
・白血球が下がっている時はどういうことに気を付ければいいのでしょうか。
・白血球が少ないので化学療法はお休みしましょう、と言われましたが、どうすれば白血球をあげることができますか。
・がん患者が救急外来を受診した時、どんなことに気を付ければいいでしょうか(何を見落とさない様にすべきでしょうか)。
・悪液質とはなんですか。
・免疫療法とかサプリメントはがんに効くのでしょうか
・予後はどうやって推測するのでしょうか。
・患者さんに予後を聞かれた時はどう答えるべきですか。
・がん治療にかかる費用を相談されましたが、どう対応すればいいでしょう
・がんでも障害者年金を申請できると聞きました。適応は?
・在宅緩和医療とはどんなことをやっているのでしょうか。
また思いつきましたら追記します。

投稿: みかんねこ | 2013年6月29日 (土) 21時33分

 減圧目的で胃管が挿入されている胃がんの患者さんがおられるのですが、排液の匂いの対策で悩んでいます。消臭剤や芳香剤といったもの、できるだけ排液パックを新しいものに変える(コストの面もありますが)など対策をしていますが、不十分です。患者さん自身はあまり気にされていませんが、病室から廊下まで漂うことがあります。なにかよい方法があれば知りたいです

投稿: | 2013年7月 3日 (水) 10時24分

こういうのは如何でしょうか。
・癌の治療費について聞かれました(高額医療費について)。
・がん患者でも障害者年金を申請できますか?
・抗がん剤の分子標的薬は今までの薬とどう違うのでしょうか?

・多くの抗がん剤の投与量は体表面積で決めるのはなぜでしょうか。一方で体重で投与量を決めある抗がん剤もあるのはなぜでしょうか。
・術後補助化学療法とはどんな化学療法のことをさすのでしょうか。
・がんは再発したら治らないのでしょうか
・「がん」と「癌」はどういう使い分けをしているのでしょうか。
・抗がん剤の治療を行えないのはどういう時でしょうか。
・手術や放射線治療の適応はないがんの状態とはどういう状態でしょうか。
・白血球が下がっている時はどういうことに気を付ければいいのでしょうか。
・白血球が少ないので化学療法はお休みしましょう、と言われましたが、どうすれば白血球をあげることができますか。
・がん患者が救急外来を受診した時、どんなことに気を付ければいいでしょうか(何を見落とさない様にすべきでしょうか)。
・悪液質とはなんですか。
・予後はどうやって推測するのでしょうか。
・患者さんに予後を聞かれた時はどうこたえるべきですか。

投稿: みかんねこ | 2013年7月 3日 (水) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなたの疑問をお寄せください:

« ガイドラインに書けなかったこと その3 消化管閉塞 そして 食事 | トップページ | あなたの緩和ケアはどうしてうまくいかないのか 前編 »