« 今日、医師に叱られたあなたへ | トップページ | 今どきの在宅医療14 在宅療養の患者さんは長生き? 「経験の檻」 »

2013年3月28日 (木)

今どきの在宅医療13 近況報告

Medium_6104068209 お陰様で、開業して9ヶ月、順調に活動しております。

今、しんじょう医院は、地域医療を在宅で支援する診療所と言うよりも、がん患者さんの外来対応、訪問診療を中心としたクリニックになっていく流れを受けているようです。がんに強い地域のクリニックとしての活動が主になりそうです。
多くの cancer survivor*(がんと関わって生きている方々) を、うまく外来診療で対応できていないのは専門病院で会っても事実です。私も外来診療の強化を考えています。また、外来は15-30分の予約制で、カウンセリング(生活、暮らしの話し合い)が増えています。海外にはモデルがあります。
自分自身の診療時間、能力といった人的リソースの限界、在宅チーム(訪問看護師、薬剤師)の連携と強みを考えれば、しばらくはがん診療を中心にシフトしていこうと考えています。これは院長としての僕の思いや欲望ではなく、開業以降自分の周りに展開される潮目を読んでのことです。
恐らく、地域(というよりも、天の方々)は僕に、そのような役割を期待していると勝手に思い込んでいます。通常の開業医が対応しない cancer survivorと状態の悪いがん患者さんを中心に対応していこうと思います。つまり、専門的緩和ケアの提供が主になっていきそうです。

開業して一番感じたことは、「院長が決めれることは開院日だけ」ということです。後はその地域で何を求められているのか、どのような診療をしていくのかは、周囲の人達いうなれば、当院に縁のある皆さんが決定していくと言うことです。その天命のような潮目を公平に見つめていくのが、院長の資質なんだと感じています。

クリニック経営を収入や、周囲のクリニックとの競合から戦略を考えていくのは、医療の消費者主義を結果として増長していきます。また、「地域への貢献」「患者さんの笑顔のために」「患者さんの満足のために」といった医療者の内的満足を満たす美辞麗句で理念を掲げれば、結局は具体性に欠いた運営に、在宅チームの力量が低下します。

連日発生する、診療上のあらゆるハードルから、自分への挑戦を読み取りそして次の課題を考える。こんな風に毎日自分の心に浮かぶ言葉を、勝手に天からのメッセージを受信したと喜びながら、また来月に臨みたいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

(*A cancer survivor is a person with cancer of any type, current or past, who is still living. )

|

« 今日、医師に叱られたあなたへ | トップページ | 今どきの在宅医療14 在宅療養の患者さんは長生き? 「経験の檻」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今どきの在宅医療13 近況報告:

« 今日、医師に叱られたあなたへ | トップページ | 今どきの在宅医療14 在宅療養の患者さんは長生き? 「経験の檻」 »