« 2011年の10大ニュース | トップページ | レジ袋と急性期病院の偽装 »

2012年1月30日 (月)

雑誌『緩和ケア』連載対談 「〈架け橋〉緩和ケア×哲学」第4-6回

苫野先生と雑誌緩和ケアに連載している対談(というよりも往復書簡)です。今回も雑誌に掲載された内容から大きくふくらみ、第4回は4,5,6と3回に分けて掲載しました。お時間があるときにでもお読みください。雑誌の連載は残り2回です。

第4回(2012年1月号)
人は、病で弱った時も、自分自身に関わるあらゆることを選択するべきなのでしょうか?
第5回(WEB特別編)
病者に健康人の哲学は適応できるのでしょうか?
第6回(WEB特別編)
倫理と哲学はどう違うのでしょうか?

20120130_103905


|

« 2011年の10大ニュース | トップページ | レジ袋と急性期病院の偽装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌『緩和ケア』連載対談 「〈架け橋〉緩和ケア×哲学」第4-6回:

« 2011年の10大ニュース | トップページ | レジ袋と急性期病院の偽装 »