« 京都大学試験問題ネット漏洩事件から、僕の親子問題まで。 パパみたいになりたい。 | トップページ | 東日本大震災と僕の幼なじみの思い出 »

2011年3月 6日 (日)

千の風になって

今日急に状態が悪くなった女性の患者さん。入院して2日目に僕が別の患者さんのために葉加瀬太郎さんの曲を弾いていたときに偶然通りがかり、ソファのある部屋で一緒に楽しみました。何曲か弾いているうちに、音に誘われまた何人か加わりにぎやかになりました。

予定の曲を弾き終わった後に、持っている楽譜を皆さんに見せてリクエストに応えました。その女性の患者さんは、「千の風になって」をリクエストされました。でもこの曲だけは絶対にホスピスで弾かないようにしていた曲でした。

生と死を毎日見つめる患者さんやその家族に、「私のお墓の前で 泣かないでくださいそこに私はいません 眠ってなんかいません」の歌詞は酷です。そう思い弾かないようにしていました。でもその方のリクエストを聴いて一瞬ためらいましたが、すぐにOKし弾き始めました。

バイオリンの音に合わせて、小さな声で口ずさんでいました。その方はそれからも調子よく過ごしていました。あの日からまだ2ヶ月足らず。もう話すことが今日からできなくなりました。病状が悪くなったこの女性のご家族に検査の結果と一緒に、あの日のリクエストのことをお伝えしました。

ご家族は泣きながらも笑い、つい5日前の病棟でのコンサートの話になりました。あの日は調子よくご自身の携帯電話で僕やら看護師さんたちの一生懸命演奏する姿をたくさん写真を撮っていらっしゃったと聴きました。

音楽を通じての心の交流。あの日あの場にいなかった、この女性のご家族にもメロディが聞こえるかもしれませんね。明るくいつも笑っていたあなた、家よりも病院の方が落ち着くと言っていたあなた。今日もお疲れ様でした。急に意識がなくなり本当にびっくりしましたよね。おやすみなさい。

|

« 京都大学試験問題ネット漏洩事件から、僕の親子問題まで。 パパみたいになりたい。 | トップページ | 東日本大震災と僕の幼なじみの思い出 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。