« お勉強 | トップページ | 車の運転 »

2010年4月18日 (日)

読書

昔から読書大好きでした。この2-3年は頭を使う仕事が多すぎて、どうも本に向かうことができなかったのですが、2010年になってからは学生時代のように本に自然と向かうことが出来るようになりました。

忙しいって怖いですね。本当に心を亡くしてしまう。どれだけ忙しくても時間がなくなるのは仕方がないとしても、心が亡くなるのは本当に怖い。この数年はそんな状況でした。

やっぱり1Q84買ってしまいましたし、その前に読んだのは柚月 裕子の臨床真理。面白かった。湊かなえの告白も気が遠くなるほど気持ち悪かったし。
桐野夏生のナニカアルは彼女の作品にしては本当にグロテスクさがなしすがすがしい本でした。
本の中にも心にとどまる言葉と時々遭遇する。
高校の時に出会った心療内科の先生にはそういえば、たくさん本を読んで気にとまった言葉をノートにどんどん書いていきなさいと宿題を出されたっけ。その作業をしている内に何だか医者になろうって強く思ったわけで。不思議な作業でした。

大きな転機がある前にはいつも本を読みあさっている気がします。
車通勤の信号待ちでも読んじゃったり。よくクラクション鳴らされています。(アブナイ。アブナイ)

|

« お勉強 | トップページ | 車の運転 »