« 物質的医学 | トップページ | お勉強 »

2010年3月25日 (木)

眠っているとき人はどこへ行く?

最近、自分の心の中にふと気がつくメッセージがなく過ごしていましたが、今朝久しぶりに出会いました。また、そういう瞬間は不思議と普段自分が考えていないことが、自然と言葉になって出てきて、自分の心に染み渡るというとても不思議な体験をします。

嘔吐が続いている患者さんの治療にあたり、様々な治療を加えてほとんど嘔吐がなくなりほっとしている患者さん(女性)とお話ししました。
以前は、ご主人は仕事ばかり、子育てから家事から全てのことを毎日取り組み、どちらかというとご主人に不快な様子でした。2週間前までは。いつも昔の恨み言を僕に話しては、自分の人生は何だったのかと話していました。

ある日気がつくと、いつもと違う表情。優しく、穏やかになっている。「何かいいことがあったんですか?」と聞いてみると、「毎朝ご主人の顔を見るとほっとする。今まで思わなかった気持ちが浮かんでくる」とのこと。
「それはどんな気持ち?」
「感謝の気持ちなんです。とにかく感謝なんです。」
「娘さん達にも?」
「そうなんです、娘達にも孫にもここにいる看護婦さん達にも(ところで普通看護師さんとは高齢の方々は今でも言わない。まあどう呼ぼうと全く差し支えないと思うが・・・)なんです」

「どこからその気持ちは来たの?」
「さあ、誰から教わったわけでもないので。」
「そう言うのを悟りって言うんでしょうかねえ」

以前よりも体の苦痛がなくなりよく眠れるようになった。以前から、睡眠とうつ、睡眠とQOLの関係は科学的に議論されてきたが、確か誰かも言っていたような気もするが、ああ、睡眠というのはどこか別の世界に行くことなんだなあと最近思う。
その別の世界でその女性も「おまえはもうすぐ死ぬよ」と言われた夜があり、その次の日の朝は泣いていた。
本当に表情をみるともうすぐ亡くなってしまうのかなとも思ったけど、「断ってきた」とその女性は話していた。次の日から晴れ晴れとした優しい穏和な表情になったので、すごい体験なんだなあと思った。

そして、毎日眠っている間に、あちらの方と(あちらってどちら?)話したり、教わったりしてこっちに戻ってくるんじゃないのかなあと思う。そして「感謝の気持ち」やら「違う物事の考え方」を教わる。
瞑想や座禅、ヨガなんでもそういう働きがあるのかもしれない。アルファ波とか、睡眠の研究をする人たちもいると思うけど、そのアルファ波が出ている間、魂がどこにいるかが僕の関心事なんだなあと思った。

うつになったり体の苦痛があると、こちらの世界にずっと魂はとどまっているのできっとつらいんだろうなって考えて、我が妻のように「眠れば大抵の悩みはなくなる」と豪語する(!)人たちもきっと、魂がこちらの世界の垢をどこかで落としてまた戻ってくるんじゃないのかなあと思う。

亡くなる前に患者さんの中に「感謝」という言葉に集約される気づきをされる人たちが多くいる。そして「感謝」の気持ちの中で周囲の人たちの深い「愛情」を受け止めて、この世を去られる。そんな言葉が心に自ずと浮かぶには、眠れることが一番大事なんだと思う。そして、「こんなに眠って大丈夫ですか?」と話す家族には、こんな話しを時々するようにしている。

|

« 物質的医学 | トップページ | お勉強 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眠っているとき人はどこへ行く?:

« 物質的医学 | トップページ | お勉強 »