2020年6月29日 (月)

新型コロナウイルスの感染のクラスター発生の一つ前のステップは何か考えよう。

自分のブログで、オーケストラの演奏会についてどう臨むかを改訂しながら書いています。「楽しみにしていた演奏会でも、人に誘われていた演奏会でも、義理がある演奏会でも、体調の不安があれば、断る勇気をもちましょう」みたいなことを書きました。(読みたい人は、こちら) 書きながら、考えていたのですが、どうしてライブハウスとか、接待を伴う飲食店(キャバクラとかラウンジとか)でクラスター発生するのでしょうか...

» 続きを読む

|

2020年6月19日 (金)

立ち上がれ! 大学生よ。

大学の教育は、この新型コロナウイルスの影響で、便乗手抜きをしているのではないでしょうか。 大学生の長男、知人のお子さんの大学生活を見聞きしていると、悲しさよりも情けない気分になります。 大学の教員が知り合いに多いので、批判するとプライベートな交友にも悪影響があるかもと躊躇しましたが、やはり書かせて頂きます。黙っておけば良いのに、黙ってられない自分にも正直呆れますが、やはり話しを続けます。 緊...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

Patients' lives matter. (患者の命を軽く見るな)医療現場の残酷物語。僕がこの4ヶ月間見てきたもの。

僕が在宅医療と、病院勤務で実際に見聞きした残酷な別れを、きちんとプライバシーが守られるようにフィクションにして記しておきます。 新型コロナウイルスという未知のウイルスのため、僕も世界も冷静さを欠き、動揺し続けています。やっと一息つき、今大切なのは、この数ヶ月に体験したことを記録して、検証することだと考えています。 僕は幸いにも、地元の友人とは何とか店を開けてくれていた喫茶店で、距離の離れた友人とは...

» 続きを読む

| | コメント (0)

新型コロナウイルスで緩和ケアは自殺したのではないか? 医療者は、死者の権利を冒涜している (Buzzfeed medicalより)

2020年6月10日、自分の所属する日本緩和医療学会から「新型コロナウイルス感染症が拡大しているこの時期にいのちに関わるような病気で入院中の患者さんのご家族にお伝えしたいこと」というリーフレットが公表されたことを知りました。 その内容は慈愛に満ちた言葉が連なっていましたが、緩和ケアの専門家が今まで大切にしてきたアイデンティティを自らの手で放棄する「緩和ケアの自殺」を思わせるものでした。 この新型コ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

クラシックコンサートを安全に開催するための、新型コロナウイルス対策について

私が所属する六甲フィルハーモニー管弦楽団は3月8日の公演を中止しました。 医学的にエビデンスに基づく対策だけでは、人の感情を安心させることができないこと、観客の多くは高齢者であること、国内の多くの学校が一斉に休校となったこと、イベントの開催の自粛要請が政府からあったことから、致し方ない決断と考えます。 一方で、クラスター感染の原因となる、「屋内の閉鎖的な空間」で、「人と人とが至近距離」で、「一定時...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月10日 (月)

講演はしばらく止めることにしました

2020年2月8日に岸和田市で講演を終わりました。予告していたとおり、これをもってしばらく講演活動は止めることにしました。 一番の理由は、自分の言葉にオリジナリティがなくなってきたからです。誰かが言いそうなことを、自分の口で言うだけになってしまっている。我が身から絞り出した、現場にいるからこそ発信できる言葉ではなくなってきました。 30代では、自分の言葉に力があると思い込んでいました、所詮は誰かが...

» 続きを読む

|

2020年1月29日 (水)

「子供達が家族を守っている」

かつて私が高校生の時、友人の家に遊びに行き、彼の家族と夕食を共にしたときの事です。彼は、自分の事を名前で呼び、「パパ、ママ」と親のことを呼んでいました。また彼の兄弟も同じく自分を名前で呼んで、楽しそうに食卓を囲んでいたのです。普段、私と話すときは「オレ」というのに、家族の前では自分の名前で呼ぶ甘ったるい口調に、勝手に恥ずかしさを感じてしまい、見てはいけないものを見たような変な気持ちになったのです。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

「 病院? ホスピス? それとも 自宅? 」 ~病人は何を考えどう過ごしているのか~ 講演記録

2019年11月16日 いなべ総合病院で講演をしました。 「 病院? ホスピス? それとも 自宅? 」 ~病人は何を考えどう過ごしているのか~   講義のプレゼン資料 PDF   当日の動画  ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

表現とはアートとは アドバンスア・プランニング(人生会議)のポスターは何が問題だったのか

今回唐突に厚生労働省から発表された、アドバンスケア・プランニング(人生会議)のポスターが、わずか数日で撤回されました。最近の厚生労働省は普及、啓発にポップなデザインを採用することもありましたが、さすがに人の生き死にに関わることまでポップにするとは驚きました。僕も厚生労働省宛に終末期ケア、緩和ケア、在宅医療に関わる医師としてこのポスターに反感を抱き、撤回を求める抗議文を送りました。厚生労働省のポップ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

「人生会議(ACP; アドバンスケアプラニング)」のPRポスターが、国民として恥ずかしいレベルをはるかに超えて、もはや怒りしか感じない件

僕は、最近講演のほとんどを断り(嫌なことが多すぎて製薬会社とは仕事しない)、また人生会議や、アドバンスケアプラニングに陶酔する人達の仕事を請け負っては冷や水をかぶせるという仕事を続けています。 「人生会議」とadvance care planingを呼び変えた頃から、いや行政が研究をプロパガンダに利用した時点から、この国の官僚のやり方はうまいなと思っていました。 茶の間の会話に、行政が関与するとい...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と鰻屋のタレ